はじめて不妊治療クリニックを受診したときのこと。

治療のこと

こんにちは~はなです。

タイミングをとっていればいつかは妊娠するはず!と思っていました。

私が31歳を迎え、夫婦で検査が必要なのかもしれないと思い、不妊治療クリニックの門を叩きました。

スポンサーリンク

受診前の私

結婚後すぐは、新しい土地に住み始めたこともあり、看護師として働きながら環境に慣れるまであっという間に時間は過ぎていきました。

そんな日々の中、ICU(集中治療室)からNICU(新生児集中治療室)勤務となり新生児と関わることとなりました。

カルテをみていると、人工授精IVF-ETという馴染みのない言葉を目にし、不妊治療の存在は知っていましたが調べてはっきりと知るきっかけとなりました。

あれ??周りはどんどん妊婦に

このように働きながら自己流のタイミングをとったり、排卵検査薬を使用しながらタイミングをとっていましたが、時間だけが過ぎていき結果は出ませんでした。

周囲をみてみると、タイミング1回目での妊娠はなかなかいなかったですが、半年も経てば妊婦も増えていき、もしかしたらこのまま同じことを続けていても結果は出ないのではないかなと思い始めました。

仕事で不妊治療の存在や重要性を認識していたこともあり、不妊治療クリニックを受診しようと決断しました。

夫婦で受診

初診は一人の方が良いのか、夫婦の方が良いのか迷いましたが、不妊の原因は男女共にあり得るということでしたので夫婦で受診しました。

二人で受診という不思議な感覚も味わいながら…とにかく緊張しました。

やるなら全力で

新しい1歩を踏み出せたのならば妊娠へ向けて全力で!となんだか肩の力が入っていたのを思い出しました。

こんな感じで不妊治療デビューとなった私たちです。

今後もまだまだ発信していきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました