体外受精の胚移植後、妊娠判定で陰性だったその後の生理周期は乱れる…

生理周期 治療のこと

こんにちは、はなです。

不妊治療中になかなか生理が来ないな~と不安になったことはありませんか?

もともと生理周期は安定していたけれど…

というのが今回の私のパターンですが、ホルモン剤をたくさん使用したあとはかなり乱れました( ;∀;)

体外受精をしたら、まずは妊娠判定を迎えますよね。

残念ながら妊娠していなかった場合は、黄体補充を中止し生理が来るのを待ちますね。

黄体補充中止後は比較的速やかに(数日後)生理がきました。

が…しかし、その次の生理までが、かな~り長くなってしまうのです。(私はね…)

スポンサーリンク

先生から言われたこと

医師
医師

数日後に生理はきますが、次の周期は一旦治療を中止します。

ホルモン剤を数か月かなりの量を使用していますので、その後の生理は乱れますのでね。

ただ、身体は必ず元に戻りますので大丈夫です!

とりあえず、次の周期は治療できないから…1周期スキップするしかないな~と。

乱れるってどのくらいなんだろう…。

次の生理が来ないことにストレスを感じ始める

まずは治療を終了し黄体補充中止後、すぐに生理が来ました。

普段は30日前後の生理周期なので、10日長くなったとしても40日以上にはならないかな…

と思っていました。

40日を過ぎ…いわゆる生理前の症状もありません。

あれ?まだなのかな…

40日過ぎてから毎日そわそわ…

妊娠しなかったことに加え、生理周期は長いし…そわそわMAXです(^^;

私には結構なストレスに感じましたね。(はよ生理こんかい!)

私のように生理が来なくてもやもやしている人いるはずです…たぶん

やっときたけども…まだ乱れるんかい!笑

45日目にや~っと生理が来ました!

待ってましたと言わんばかりでした。笑

が、しかし…その後も簡単には元の周期には戻ってくれません。

数ヵ月かけて徐々に周期が短くなっていきました。

脳は1度勘違いをすると、しばらくは適切な指令が出せなくなるのですね~(;O;)

と言う事を頭で理解しました。笑

今回は体外受精後の生理周期の乱れに心も乱れてしまった経験談でした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました