子宮卵管造影検査って痛い?痛くない?どっち⁉

検査 治療のこと
はな
はな

こんにちは、はなです。

不妊治療を始めると、いろいろな検査がありますよね~。子宮卵管造影検査もその中の1つです!

あーと
あーと

その中でも、女性に対して行う検査が多いよね。もちろん男性側に原因がある場合もあるけど、女性に負荷がかかることが多いなーと思うわ。

『子宮卵管造影検査って痛かった?』

最近そのような質問がありました!

私は不妊治療の初期に行っていたので、もう4年くらい前のことだな~と思いながらその時のことを思い出しましたので、私の体験談を綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

子宮卵管造影検査前の不安な気持ち

説明で痛い検査ですよ~とは言われてなかったのですが…

経験のない検査は不安になりますよね(^^;

なので私は検査前に色々調べました~。

とりあえず検査の流れを把握し自分なりに想像できれば、私はかなり不安は軽減されるので(^^;

今回この検査に関して情報を取り直してみたのですが…痛い検査との表現をよくみかけたので、ちょっと怖くなりますよね。

痛みを感じるポイントは2つ

私の中では2つのポイントがありました。

1つ目は、子宮内に造影剤を注入するチューブを挿入するときです!

奥にチューブを入れるときが、私は力みやすく痛みを感じました。

2つ目は、造影剤を注入するときです!

ここは特に個人差があるのだと思います。

細い通り道圧をかけながら注入するので痛みが生じるようです。

閉塞しているしていないとか…様々な要因も混ざり合うと思います。

この2点がポイントだと感じました。

あーと
あーと

見えないところで何されているかわからない!というところも不安増幅の要因だよね。

だから、はなも力んでしまっているのかもね。

実際にどのくらいの痛みだったか

う~ん…耐えられる痛みだったな~というのが私の感想です。

想像よりも大丈夫だったな~と。

どんな想像をしていたんだ!?という感じですが。怖さが余計に痛みに敏感になるのでしょう。

子宮内にチューブを挿入する際は、チクっとするくらいです。

大丈夫です。

造影剤を注入するときは、軽い生理痛のようなすこーし重たくなるような感覚がありました。

これも大丈夫です。

検査での異常は見つからなかったので、このくらいの感覚だったのかもしれません。

今回は子宮卵管造影検査って痛い?痛くない?どっちと聞かれたら、思ったより大丈夫だった~と検査後に感じると思います…という内容でした~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました