いつまで続ける?不妊治療の終わりかたが分かる人なんていないんじゃないか。

終わり方 治療のこと

不妊治療を始めると、幾度となく訪れるこの問い。

いつまで続ける?

本当に合理的な人じゃない限り、きれいに線引きはできないんじゃないでしょうか。

だって人間だもの。

スポンサーリンク

いつまで続ければいいかなんて誰にもわからない

治療を開始するときに、期限を決めて始める人はどれくらいいるんでしょうか。

そして、結果の如何にかかわらず期限が到来にしたら終了しているのでしょうか。

僕も調べたことがないのでわかりませんが、難しい問題ですよね。

そこを決められるならばみんな困らないはずです。

いつか子供ができるはずと思うから、途中で止めちゃうなんてなかなか踏ん切りがつかないです。

次の周期で妊娠できるかもしれない、と思うとそこで引き下がれないですよね。

あと少し、もう1回だけと期待をしてしまうものです。

だって、次のタイミング、次の人工授精、次の移植で妊娠するかもしれない。

そして、その結果については誰もわからない。

よほど合理的に考えられる人でないと、引き際がわからなくなりますね。

先生はやめ時は言わない

僕たちは治療を続ける中で、これまで体外受精で採卵4回、移植6回を繰り返してきましたが

結果が出ていません。

そのどこかの結果を聞きにクリニックに行ったときの診察室で僕は先生にこう言いました。

「いっそのこと、妊娠できませんと言われたほうが気が楽です」

もちろんですが、先生は妊娠できませんとは言いませんでした。

いっそのことそう言われてしまった方がその時はしんどくても楽になる気がします。

でも、可能性がゼロと断定できない限り、先生から止めましょうとは言わないと思います。

可能性がある限り、そして患者側が望む限り、治療は良くも悪くも続きます。

実際に長い年月治療をして子供を授かった人がいるのも事実なので、

原因不明不妊の場合など、妊娠できない要因が明らかでないならば

あなたはもう妊娠はできません、なんて言わないですよね。

そして、また次の治療に進んでいくことになります。

僕たちは通院している先生に「不妊の原因の半分はわかっていない」と聞かされています。

子供ができるかできないかは、「神のみぞ知る」なのです。

結局は自分たちがどうしたいかにかかっている

治療に使う金額を夫婦で決めておく、保険適用の範囲(移植の回数や年齢など)までにする

と決める方法もありますが

結局は、その都度夫婦で話し合って決めるしかないと思います。

身も蓋もない話ですが…ヽ(´ー`)ノ

回数を決めていても、最初の1回でもうしんどくて気持ちが切れるかもしれませんし

決めていた金額に達しても、夫婦でもう少しだけと決めれば続くでしょうし。

だからこそ、夫婦で向き合って進んでいくことが大前提かなといつも思っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました